頭の悪い上司の特徴と心理からわかる見分け方、あなたがストレスをためない対応方法とは

頭の悪い上司

悩む人「ちゃんと報告したのに。。。」
「ちゃんと書類も出しているのに。。。」
「話を聞いてくれているのかな。。。」

 

 

あなたの職場にもいませんか?どれだけあなたが仕事をきちんとこなそうと足を引っ張る上司。

ちゃんとほうれんそう(報告・連絡・相談をしているのに上の空な上司。

おそらくどの会社にも頭の悪い上司と出会い、付き合わないといけないリスク、ストレスをためるリスクがありますよね。

頭が悪いと一口で言っても、色々なタイプの上司がいます。

頭の悪い上司のタイプ例
  • すぐに感情的になる
  • 話が下手で会話が通じない
  • 言っていることが無責任
  • 効率の悪い仕事方法に固執する

この記事では頭の悪い上司の特徴や心理、無能な上司からのストレスを回避する方法をお話したいと思います。

頭の悪い上司は感情的になりやすい

感情的な上司

なぜ頭が悪い上司は感情的になりやすいのか。

『頭が悪い=感情的になりやすい』ではありません。

『頭が悪い=余裕がない、だから感情的になりやすい』が正解です。

頭が悪いと色々な物事を処理する能力が低いです。上司という立場になると自分だけの仕事をこなす上に、周りのマネージメントなどの業務も増えてきます。やるべきことが増えます。結果として、余裕がなくなり感情的になってしまうのですね。

上司もあなたと同じ人間ですので、もちろん余裕がなくなることはありますし、致し方ない面もあると思います。

話が下手で会話が通じない

話の通じない上司

仕事をこなしていく上で、あなたがきちんと報告・相談・連絡を行っているにも関わらず、あなたを叱る上司。

これも頭が悪い上司です。

きちんと情報の筋道を理解し、処理できないため会話が成立しないのです。

言っていることが意味不明

物事は筋道がしっかりとしていたら、一般的に内容は理解できるものです。

専門用語などの難しい言葉であっても、それをきちんと理解している人は噛み砕いて説明ができるため聞いている人間はきちんと理解できます。

ですので、相手の言っていることが理解できないというのは、話している相手も理解できていないということです。

やはりこれも頭が悪いとしかいいようがありません。

効率の悪い仕事に固執する

古い上司

あなたより少し年配の上司に多く見られます。

「今まではこうだったから〇〇〇」

「この会社のやり方は〇〇〇」

が口癖の上司、いませんか?

これはホリエモンこと堀江貴文氏がよくいう「思考停止」です。

思考停止になる人は、新しいことが受け入れられなかったり、自分の頭で物事を理解し判断できない方に多いです。

頭の悪い上司への対応策

あなたが仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切ることがストレスを溜めない対処法の一つになります。

他にもプライベートの時間で友人などと楽しく遊んだり、食事をするなども効果的なストレス対処法です。

最後は会社を変える、転職するのも一つの方法です。

転職となるとハードルが高くなりますが、頭の悪い上司があなたより上の立場にいて、あなたのストレスのもとになっていたり、あなたのスキルアップの障害になっているようでしたら転職を考えることはとても合理的と思います。

あなた自身も「思考停止」にならないように気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください