優秀な上司なのにあなたが合わないわけ、その人は無責任な人かもしれません

irresponsible

悩む人「自分の仕事は終わっているのに。。。」
「なんであの人の仕事が僕に回ってくるの。。。」
「あの人は仕事ができるんじゃないの?」

 

 

いつも自分の仕事をしっかりこなしているあなた。

今日も自分自身の業務内容を把握し、予定を立て、予定通りに仕事は進んでいます。

そんな時に「この仕事もお願いできるかな」と職場では優秀と評価されている上司からの依頼。

これも自分のためと思い、「わかりました!」と引き受けた仕事。

内容をよく見ると、これは上司自身が引き受けた仕事じゃないの?どうしてこちらに仕事が回ってきたの?

こんな経験ありませんか?

こんな経験があった場合は注意したほうが良いです。なぜ注意が必要かを今回の記事で説明しますね。

仕事ができる優秀といわれている人の中に無責任な人が隠れている

irresponsible

「いくつもの仕事を抱えていて、あの人は本当に優秀だよね」

このように評価されている人がいます。

わたしの職場にもこういう人がいました。一見優秀な人。

「これは自分がしておきます」

「この仕事も回してもらっていいですよ」

しばらくすると、その人はイライラし始め、結局わたしや他の同僚が尻拭いをする始末。

こういうパターンがあるので、優秀な人は本当に優秀なのか気をつけてください。

自分の負担を上司に相談してみる

irresponsible

無責任な人の尻拭いを繰り返すのは仕事量の負担よりもストレスのほうが大きいです。

相談に最適なのは職場の人間関係を管理する立場の上司。

ですが、上司から見たらあなたが無責任と思っている人は『優秀な部下』ととらえているかもしれません。

そうなるといくら上司に相談をしても、あなたがその人を妬んでいると誤解される危険もあります。

これがこの優秀さの影に隠れた無責任な人の特徴です。

その仕事はあなたの仕事ですか

たくさん仕事をこなすこと、他人の分まで仕事を頑張ることで自分がレベルアップすると思っていません?

確かに自分の能力以上のことをこなすことでスキルアップすることはあります。

しかし、それは自分自身にやる気がある場合です。

他の人の仕事が不意にあなたの身に降りかかることはあなたのやる気をなくしていきます。

不意に起こることは仕事であれ、天災であれストレスになるからです。

他人の仕事を肩代わりしていくことは、疲弊していくだけです。

まとめ

irresponsible

無責任な人への対処法は

  • プライベートな時間は気分転換を積極的にする
  • 仕事を頼まれてもきちんと断る
  • 思い切って職場をかえる

自分の身は自分で守るしかありません。

自分を大事にしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください