誰でも職場で好かれる社員を目指せる!!マネして欲しいポイント5つ

好かれる

あなたの周りに、なぜか自然と人の輪ができる人っていませんか?

職場でもみんなに好かれていたり、頼られていたり、正直「いいな〜、うらやましい!」って思いますよね。

わたしも憧れていました。

無理にみんなに好かれなくても、仕事をきちんとしていたらいいよっていう意見もあると思います。

もちろん、そういう意見もわかりますし、ここでお話したい「好かれる」ことは媚を売ることではありません。

あなたの職場で自然と同僚や上司に好かれることで、あなた自身にも良いことがありますよ、ということをお伝えしたいです。

自然と好かれることで
  • 同僚に頼られたり、フォローしてもらえる
  • 上司から丁寧な指導、優しい対応がされる
  • あなたの仕事が今より楽しいものになる

どうです?自然と好かれて、損することはありません!

「内気だから上手に話せないよ。。。」

「楽しい会話なんてムリムリ。。。」

問題ありません!

この記事では誰でも簡単にマネできる5つのポイントを紹介しますね!

第一印象が大切

第一印象

 

1.服装に気をつけよう

第一印象に一番大きく影響するのが見た目です。

相手を判断する時に、視覚から5割、聴覚から3割強の情報を人は得ています。

服装がしっかりしているだけで相手に与える情報の半分は良いものになります。

逆に、いくら丁寧な話し言葉でも、服装がしっかりしていないと、しっかりしていない人と思われてしまいます。

2.ハキハキとした挨拶を

人と人がコミュニケーションをとる上で重要なのは挨拶です。

といっても、難しい挨拶をする必要はなく「おはようございます」「お疲れさまです」ハキハキ話すだけで相手に好印象を与えます。

ハキハキと挨拶がしにくい場面、先輩や上司が難しい顔をして歩いている時などでも、会釈をするだけでも相手にとっては好印象を与えることはできますよ。

挨拶や会釈をして相手を不快な思いにさせることはありませんから、どんどん挨拶をしていきましょう。

3.笑顔を忘れないで

嫌なことがあったり、疲れていると無表情になりがちじゃないですか?

これって、わたし自身にも当てはまります。

笑顔が大事と言われても、笑顔になれない時ってありますよね。

ですが、少し口角をあげること、目尻を下げることを意識するだけでちょっとした笑顔は作れます。

実際、無表情な人と笑顔の人を比べると、20倍近く笑顔の人のほうが周囲の人を引きつける力があると言われています。

ちょっとしたあなたの笑顔が周りの人を笑顔にする力もありますよ。

周囲から信頼されよう

会話

 

4.相づちを使って話すことより聞くことを

周囲に好かれるのに「楽しい会話を」しなくちゃいけないと思いがちです。

これは逆なんです。

あなたが楽しく話すより、「あなたが聞いてあげる」ことの方が相手の好感度はあがります。

しかし、ボーッと聞いていると相手はあなたが聞いているのか聞いていないのかがわかりません。

ですので、「うんうん」「どうなったの?」「へー!」と相づちを打ってあげることが大切です。

相手が話している時に、少し前かがみな姿勢(前傾姿勢)で聞くのも効果的ですよ。

5.聞く時にオウム返しを(実例あり)

「オウム返し」ってわかりますか?

これも聞くために重要なテクニックです。

相手が話した言葉をそのまま返す方法で、ペーシングとも言われます。

例をあげますね。

実例1

相手:「昨日さ、みんなと居酒屋で盛り上がってさ」

あなた:「居酒屋で盛り上がったんだ?」

相手:「そうそう、それでね。。。」

 

実例2

相手:「この前、◯◯ちゃんと一緒にね、買い物に行ったの。」

あなた:「◯◯ちゃんと一緒に行ったんだね」

相手:「うん、そこで可愛いワンピースがあって。。。」

 

相手が言った言葉をそのまま繰り返すだけです。

こうすることで相手はあなたが話を聞いてくれていたり、話に興味を持ってくれていると感じます。

まとめ

誰でもマネできる5つのポイントはいかがだったでしょうか?

是非、5つのポイントをマネして職場ライフを楽しいものにしてくださいね!!

→職場や仕事への楽しさが減ってきたときはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください