【必見】他人の目を気にしすぎてしまう方が楽になれる4つの方法

https://mental-i.com/wp-content/uploads/2019/12/n-02.jpg

「他人の目を気にする人」

  • 「あの時あんなこといったけど大丈夫かな。。。」
  • 「こうしちゃったけど良かったかな。。。」
  • 「悪く言われていないかな。。。」
  • 「嫌われていないかな。。。」

人生の悩みの大半は人間関係です。

職場もあなたの人生の一部。
職場でも同じように人間関係での悩みはつきませんよね。
人間関係で悩んだり、不安になったり、緊張するのは『相手の目』を気にしすぎていることが多いからなんですよ。

「こんなことしていいかな」

「こんなことを言ってもいいかな」

昔のわたしもあなたと同じで他人の目や他人が自分をどう見ているかばかり考えていました。

思い出すだけで心が苦しくなってきます。きっとあなたも同じような気持ちかなと思います。

とっても生きづらいですよね。

自分らしく生きて良いんだよと周りから言われたことがありますが、どうしたら良いのか全くわかりませんでした。

この記事では他人の目を過度に気にせず、少しずつあなたらしく生きていける方法を紹介していきます。

目次

人生の悩みの大半は人間関係

当たり前なのですけど、人って人の輪、社会の中で生きているのですね。

一人っきりで生きているわけではないのです。

なので、他の人の目を気にする気持ちは必ずあります。

そして、必ず多かれ少なかれ他人の目についての悩みが生まれてしまうことを知っておいてくださいね。

https://mental-i.com/wp-content/uploads/2020/04/yagi_doctor.png

メー先生

人の目が気になることは変なことではないのですよ。

ありのままの自分を受け入れる

気持ち悪い

次に他人の目を気にしすぎてしまうあなた自身をあなたが受け入れてあげてください。

他人の目を気にしすぎてしまうあなた自身をあなたが受け止めてあげるのです。

そして、なぜ他人の目を気にしすぎてしまうかを説明します。

自分に自信がないからです。

厳しい言葉を投げつけてしまいすみません。

ショックな話ですが、もう少し読んでみてください。

自分に自信のないあなたは

「他の人にどう思われているのだろう、笑われていないだろうか、怒っていないだろうか」

「こんなことを言ったり思ったりしたら、どう思われるのだろう」

このように考え、不安になるのです。

まずは自分に自信がないこと、そこから他人の目を気にしてしまうことを受け入れてください。

受け入れてあげるところがスタートです。

自信がない自分、弱い自分を受け入れてしまったら自分はダメになっちゃうのじゃないか。もっと他の人からバカにされるのじゃないかって思いませんか?

そう思うと思いますが、そんなことは全くありません。

例えばあなたの弱さが、相手の目を見て話せないこととします。一見、マイナスな感じがしますが見方を変えてみるとプラスになります。どういうことかと言いますと、初対面の時に目をじっと見られて話したら相手に威圧感を与えるかもしれません。ですが、目を見ずに話すことで相手に安心感を与えることもあります。

何事もそうですが、一つの面ばかりを見てしまうと生きにくくなってしまいます。

それにすべてのことに完璧な人はいません。

あなたの周りの人を思い浮かべてみてください。家族、友人、上司、同僚、誰でもいいです。

完璧な人っています?いないと思います。もしかしたら表には見えないかもしれませんが、みなさんどこかしら弱い部分を持っています。例えば怒りっぽい人、言いわけする人はいませんか?このような行動をとるのはその人の弱い部分が刺激されているからなのです。

完璧な人間はどこにもいません。

完璧な人はいない、みんな誰もが弱さを持っていると知るだけでも少し気持ちが楽になりませんか?

自分も弱くて良いんだ、そこからやっていこうって自分をまるごと受け止めてあげると気持ちはもっと楽になりますよ。

特に人間関係では、長所が短所になったり、短所が長所になったりもします。

すべての人に好かれることはない、すべての人に嫌われることもない

他人の目を気にする人の特徴に「すべての人に嫌われたくない、好かれたい」と思ってます。

100人の人がいれば100通りの好きがあります。あなたは100通りの好きを満たそうとしているわけです。

そして好きという気持ちはあなたの気持ちではなく、相手の受け取り方の問題です。

もう一つ例を出しますと、目を奪われるほどかっこいい俳優さんやとっても可愛いアイドルでも嫌いなる人はいますよね。

とても無理なことに挑戦しようとしているのがわかると思います。

他人の気持ちはその人のもの

悩み

相手を不快にさせないように、嫌われないようにとあなたは色々努力してきたのじゃないですか?

努力をしたらむくわれることもあったと思いますが、むくわれないことはなかったですか?

むくわれないのはあなたの努力が足りないわけではないです。

相手の気持ち次第であなたの努力は相手に届きません。

そうです、相手の気持は相手のものであり、あなたがどうにかできるものではないことを気づいてください。

素直なあなたの気持ちを見つけて

幸せ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今、素直なあなたの気持ちはどうですか?

今まで通り、他人の目を気にして生きていきたいですか?

それとも自分らしく生きたいですか?

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる